上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は物事を、特に難しい、問題を考えるときには、
いつも三つの原則に依る様に努めている。
第一は、目先に捉われないで、出来るだけ長い目で見ること。
第二は、物事の一面に捉われないで、出来るだけ多面的に、
    出来得れば全面的にみること。
第三は、物事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考える。

 すなわち、
目先だけで見たり、一面的に考えたり、枝葉末節からだけで見るのと、
長期的、多面的、根本的に考えるというのとでは
大変な違いがある。
物事によっては、その結論が全く正反対ということになることが少なくない。
 
 我々は難しい問題にぶつかる度に此の心掛を忘れてはならぬ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は、安岡正篤の言葉です。

 かような混迷で、停滞感や閉塞感が充溢するなかで
目新しさのみに惑わされることなく
物事を考えるときの基本にしたいものです。

            三木秀行
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://porco79.blog105.fc2.com/tb.php/28-6a51d8b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。