上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相場のことについて

2005年 2006年は、株式の相場環境に恵まれていたせいか、億を成した個人投資家を、生み出したようです。 インターネット環境もあって、カリスマ的な個人投資家が誕生しました。 こうした環境もあって、自らも興味を抱き、勉強もし、零細ながら参戦致しております。・・・現在は、退場まで迫られておりませんが、苦労している現状です。

 何冊かの図書によれば、さまざまのアプローチはあれど、相場の明日は人知を超えたところにあるとする論者(例えば「ランダムウォーク」論) と トレンドは喝破し得るとする論者(いわゆる株式評論家やテクニカルアナリスト的な立場の論者) とが存在するようです。 

 奥深さはありますが、「相場は相場に聞け」との格言のいうように、何とでもいい得るところがある。・・・・その意味合いで、出鱈目なところもある。そう構えていないといけないと思うのであります。
ただ、相場は、安く買って高く売る というそれだけのことではありますが人を引付けてやまないところもあります。 継続的な勉強を続けてゆきます。                   Jan.19 ’07
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://porco79.blog105.fc2.com/tb.php/4-4fcbebde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。